(執筆日のアルネオのバージョン:リリース直前)

今回は初心者デッキの「ゴウエン」についての個人的な考えを記事にしていきます!






1、初心者ファイルの理想の配置

まず初めにこのデッキの最終的な理想盤面を紹介します

前列(マスの数字1~3)
・制圧の重装歩兵
・落ちこぼれの勇者
・狼族の剣士
中列(マスの数字4~6)
・六装填銃の騎士(射程3ですが、長距離銃の騎士の能力の関係で2列目に置くのがベストです)
後列(マスの数字7~9)
・長距離銃の騎士

になります

2、初心者ファイルの展開順

さて、いかにして理想盤面を作っていくか ここからは展開順のお話です

序盤~中盤

1手目:光の精霊(前列)
2手目:狼族の剣士(前列)
3手目:落ちこぼれの勇者(前列)or長距離銃の騎士(後列)
4手目:光の精霊(前列)orユーニ(中列)

ゴウエンの初心者ファイルは基本的にレベル3のユニットを連打していくファイルになります
そのため、SPの不足が起こりやすいので、光の精霊からスタートし、適度に光の精霊をセットしていく形になります
相手が後列にもユニットを出してきそうなデッキの場合は、オートスキルが優秀な長距離銃の騎士を優先し、相手が前列や中列にユニットを出しそうなデッキの場合はランクアップ後のステータスが優秀な落ちこぼれの勇者を出すのが良いでしょう
ユーニは射程が1のユニットですが、長距離銃の騎士を後列に出した場合、オートスキルが射程外を対象としているため、2列目にユーニを配置することで条件を満たしやすくなります


中盤~終盤

お互いにユニットが並び、アクションスキルやシールドスキルで盤面の動きが激しくなってくる頃です

基本的には長距離銃の騎士のオートスキルを利用するため、前列、中列にユニットを絶やさないように展開をすることが大切です
倒されたユニットがいる列を補強するようにユニットを展開していくのがいいかもしれませんね
また、タイミングを見て属性値をランクアップの分まで上げるのが大切になります
狼族の剣士や復讐の子『ユーニ』でランクアップすることもできますが、中盤から終盤にかけては属性値をあげてランクアップすることが望ましいです

また、本当に終盤になるとSPが余ってくると思うので、タイミングを見て炎の竜巻を使うと相手を壊滅させることができます!

3、初心者ファイルからどうファイルを強化すればいいの?

ずばり強化テーマは「ランクアップ」です
ゴウエンの初心者ファイルをそのまま強化するのは正直結構厳しいです
そのため、狼族の剣士や復讐の子『ユーニ』をパーツとして使うランクアップデッキが選択肢になってくると思います
リセマラのオススメは2弾になってしまいますが少女銃使い『ユーニ』が一番狙い目だと思います
1弾のカードでは赤のマント『ディフォ』が1枚あると、初手に使用できるようになったり、妖精司祭『アレグリア』が全体の強化、回復に使えてオススメです!こちらも1枚あれば仕事ができますよ

それでは、よきアルテイルライフを!